ネットを活用した恋活、婚活方法について徹底解説します!

非モテ男子のためのネット恋愛講座

婚活・恋活

婚活特集を見て思ったことと結婚できない男女が増えてしまった理由

投稿日:2016年11月9日 更新日:

婚活女子

先日さりげなくYouTubeを見ていたところ婚活特集の番組の動画を見つけました。

動画を見つけたときはさほど興味はなかったのですが、何となくクリックして再生すると気づいたら最後まで見てしまいましたw

ちなみに今回、管理人が視聴した動画はこちら↓

見てのとおりアラフォーにフォーカスされた婚活特集になってます。

この動画は5年以上前のものですが、今の婚活市場でもけっこう当てはまってることが多いと感じました。

動画を見てて思うこともあったので、感想がてら記事を書こうと思います。

お見合いパーティーは無理ゲー

まずはこの動画の冒頭に紹介されてたお見合いパーティーについて。

お見合いパーティー

お見合いパーティー

想像はしてましたけど、東京では毎日お見合いパーティーが開かれてるんですね。

5年前でこれですから、今はもっとこの流れが加速してるはず。やっぱ婚活市場は激アツなんだなぁと改めて感じました。

で、動画を見てマジでビックリしたのが制限時間。

こういったパーティーで全員と話すとなると時間制限があるのは当たり前ですが、驚いたのはその設定された時間。

なんと一人につき与えられる時間は1分!

いやいやいや、1分で何をアピールできるんだよww 下手したら自己紹介だけで終わってしまう時間ですよw

この条件下でカップリングできるのは、かのスティーブジョブスも顔負けの抜群のプレゼン能力の高い人か、高スペックな人だけでしょうww

まぁそんな人は普通に相手見つかると思いますので、そもそもお見合いパーティーとか行くのかもはた疑問です。

大勢の婚活負け組によって盛り上がってる婚活業界

もはや無理ゲーに近い環境でのお見合いパーティーに、男女とも決して安いと言えない金額を毎回投資してると思うと、何だか居た堪れない気分になります。

というか、制限時間1分でアピールできるのって、せいぜい年齢とか仕事とか、そうしたステータス面しかないと思うんですよね。

少なくともその人のなりとか、性格とか相性って、わかりっこありません。

そうなると結局、安定してる公務員とか大企業に勤めてる男性に女性の人気が集まるという図式しかならないんじゃないのかな。あとはイケメンとか。

そしてカップリングできない人は何度もパーティーに参加する。そのわりに相手もなかなか見つからず、お金と時間ばかりが消費される。

なんだか婚活負け組が大勢いるからこそパーティー主催会社が儲かるという、業界の闇も垣間見えた次第です。

もしかしたらカップリングしないことを前提にシステムを組んでるかもしれませんしね。その方が儲かるわけですし。

これが5年以上前の話なんで、当時以上に婚活が盛んに行われている現在は、この流れがもっと顕著に出ているでしょうね。

ちなみにお見合いパーティー、婚活パーティーについて触れた記事も以前にアップしてますので参考までに。

参照:婚活パーティーで選ばれないのは何故?上手くいかない婚活から卒業するには

まぁ、管理人としては無理ゲーなお見合いパーティーより、マッチングアプリなどでネット婚活したほうがよっぽど可能性あると思いますけどねw

婚活女性は現実を見なさすぎ

続いて動画ではお見合いパーティーの話から熱心に婚活してるアラフォー女性に焦点が当てられます。

そこで思わずツッコミたくなったシーンがこちら。

婚活特集

理想の年収

簡単に説明すると、このシーンで紹介されてるアラフォー女性が結婚相手に求める理想像として、以下の条件を定めています。

  • 年収600万以上
  • 身長175㎝以上
  • 家事が得意
  • 車を所持
  • 共働きに賛成
  • 都会暮らし

もうね、バカかと

まず年収面で言うと、昔と違って昨今の平均年収は400万円台。おまけに今は400万円を切りそうなほどです。

サラリーマンの平均年収がここまで下がってるなかで年収600万円以上の人が何割いるんだという話。

さらに20、30代で年収600万以上となると、もっと少なくなります。まずこの辺りの現実をわかってるのか聞きたいくらいです。

もはや若くして年収600万以上となると、勝ち組と見られるほど。そんなハイスペック男子がわざわざアラフォーを選ぶ理由はあるんでしょうかね。

さらに都会暮らしでクルマ所持って・・・

ただでさえコストの嵩みやすい都会暮らしでクルマを持つとなるとランニングコストってバカにならないですよね。

さらに子供産んで子育てするとなると、もっとコストは増えますがその辺はきちんと考えてるのかな。

まだ20代前半でルックスもいい子だったら許されると思いますが、アラフォー女性でこんな条件叩き出してるのは見ててイタいレベルです。

この特集が放送されてから軽く5年は経過してますが、この女性は果たして結婚できてるのかな。

なぜ女性は理想が高くなるのか

恋活や婚活してると今でも上記で紹介したような女性を見かける機会は少なくありません。

まぁよく言われてることではありますが、婚活女性はとにかく理想が高い。

「私、そんなに理想高くないよ〜」と言ってる子ほど理想が高いのは何なんでしょうね、ほんと。

女性は割と男性より現実を見れてる感がありますが、なぜか婚活になると現実を見れなくなるケースが多いように個人的に感じます。

何でなんだろうな〜と不思議に思ってましたが、今回の動画でヒントになり得る発言がありました。

婚活

婚活

婚活

つまるところ近年の不況下で、経済的な安定を求める手段として「結婚」を考える女性が増えたと。

よくよく考えれば、自分の親の年代で結婚相手に高年収や安定とかを絶対条件にしたという人をあまり見たことがない気がします。

それこそ昔はバブルの影響で景気がよかったので、将来を悲観する女性はそこまで多くなかったんでしょうね。

不況の影響で安定を求めるあまり、結婚できない男女が増えるとは何とも皮肉な話です。

婚活に成功してる人は、何だかんだ言って上手に妥協している。

そして動画では婚活に上手くいった人のインタビューも放送されてました。

婚活 妥協

婚活 妥協

やっぱり理想だけ追い求めても思うような相手はいつまで経っても見つからないのは男女共通のような気がしますね。

結局のところ、どこで折り合いをつけれるかが成功の鍵なんじゃないかな。

男性は若くてルックスのいい子だけ追い求めても厳しいし、女性は年収や身長が高い人だけを追い求めても上手くいかないってことです。

普通の恋愛でも相手に求めるだけじゃ上手くいかないのは共通ですしね。

にしてもこの夫婦、さり気なくペアルックだなw

まとめ

だらだらと感想を述べましたが伝えたいことは2つ

  • オワコンなお見合いパーティーよりもっと効率的な方法で婚活すべき
  • 女性はあまり理想を追い求めず、上手く妥協しよう。

そして管理人を選んで結婚してくだ(ry

2017年注目の出会いアプリ

長年ネット恋愛を続けてる管理人が厳選した出会いアプリのランキングです!

今でも管理人が使い続け、実際に出会えてるサイトのみ紹介してます。

with(ウィズ)

メンタリストのDaiGo氏が監修してるマッチングアプリ。

独自の性格診断コンテンツで驚異のマッチング率を誇ります。

DaiGo氏の人気も相まって女性会員が急増していて今が狙いどきです。

初心者でもマッチングしやすい、穴場スポット的なアプリと言えるでしょう。

pairs(ペアーズ)

 会員数400万人の国内最大級のマッチングサイト。

女性は完全無料ということもあり、他サービスと比べて女性比率も高め。男女比は約6:4

真剣に相手を探してる子が多く、可愛い子も結構いますので迷ったらペアーズに登録しておいて損はありません。

-婚活・恋活

Copyright© 非モテ男子のためのネット恋愛講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.