彼氏が欲しいのに付き合えない女の子にありがちな12の特徴

恋愛

仲の良い女友達や、会社の同僚、先輩や後輩など、普段から親しい人から「彼氏ができたの!」と言われた時、どう思いますか?

幸せなことなのでおめでたいという気持ちがある一方、複数の友人から立て続けい報告されると「どうして、この子には彼氏ができたのに、自分には彼氏ができないのかしら」と思ったりしたことはありませんか?

彼氏が欲しいのに出来ない女の子には、特徴があります。

下記に紹介する12の特徴の中で、1つでも当てはまっていたら、今日から少し改善してみてください。

素敵な彼氏が見つかるきっかけになるかもしれません。

言葉遣いが汚くて出会いを遠ざけている「おまえ」

会話
  • マジかよ
  • 「まじかよ」
  • 「うざい」

女性が聞いてもあまり良い印象をうけない上記の類の言葉は、男性が聞くともっと印象が悪くなりがちです。

こういった言葉を使っている女性は、行動もどこかガサツで男勝りな人も多く、男性からみても「この子と仲良くなりたい、付き合ってみたい」と思われず、近寄りがたい存在になってしまいます。

いくら、メイクをバッチリしていても、女性らしい服装を着ていても、言葉遣いが乱暴では台無しになってしまいます。

現に、男性は、女性が思っている以上に、女性の言葉遣いに敏感になりがちです。

平成24年に文化庁が実施した「国語に関する世論調査」で、その男女の差が顕著に表れています。(cf:国語に対する世論調査 文化庁)

「誰かと話をするときに、相手から不快感を覚えるのはどのようなことか」という問いに対してもっとも多かった答えは…

女性は「相手ばかりが話している」という答えに対し、男性で最も多かったのが「敬語の使い方など言葉遣いに問題がある」という答えでした。

同じように会話をしていても、男女で不快に感じる視点が異なっています。

それだけ、男性のほうが相手の言葉遣いに対して敏感になっているのかもしれません。

更には普段から下記のような、

  • 「ヤッパ」
  • 「ヤバイ」
  • 「ヤベー」
  • 「ヤバッ」
  • 「メシ食おう」
  • 「キモいんだよ」
  • 「使えねー」

を使っている女性は、乱暴な人に思われがちです。

このような女性とは正直付き合いたいと思わないですし、なるべくなら距離を置きたいというのが男性心理かもしれません。

言葉遣いは、意識して直していく必要がありますが、そんなに難しいことはありません。

ポイントは、言葉を略さずに、きちんとした単語を使うことです。

  • ヤッパ⇒やはり
  • マジ=凄く
  • ヤバイ=大変

言葉遣いを意識すると、言葉の印象が柔らかいものに変わってきます。

男性もあなたを見る目も必ず変わってきます。

普段の言葉遣いが汚い人は、綺麗な言葉遣いを身につけると、それだけで同性からも異性からの見る目が変わってきます。

言葉遣いをきれいにすると多くの男性の『恋愛対象』になりますのでおすすめです。

愚痴や悪口をよく言ってしまう

悪口

言葉遣いが汚いにも似ていますが、何事に対してもつい愚痴や不平不満を言ってしまったり、陰で他人の悪口を言う女性は、同性は元より男性からも避けられる傾向にあります。

一緒にいる女性との会話がいつも愚痴や悪口だったら、聞いていても面白くないですし、一緒に居たくなくなってしまいますよね。

男女に「異性に対して求めるモノは何か」の質問をすると、男性が多く挙げる答えに「清楚でキレイな心」というのがあります。

心の綺麗な女性は確かにモテそうですよね。

綺麗な心を持った女性は愚痴や他人の悪口は言わないものです。

男性の前でだけではなく、普段の女友達との会話の中でも、愚痴や悪口を言わないように心がけてみましょう。

女性同士ではどうしても人の悪口などで盛り上がる傾向がありますが、もしそういった話題に出くわした時は、否定や批判はせずに聞くだけに留めておき、嬉嬉として話さないようにしましょう。

見た目に清潔感がない

清潔感

男性であれ女性であれ、清潔感がない人は、なかなか輪の中に入っていけないのではないでしょうか。

人との関わりで一番基本的な清潔感。

これが欠けている事が理由で彼氏ができない方は多くいらっしゃいます。

特に男性というのは、女性に対して清潔であってほしいという願いをもっている方が多いと言われています。

清潔そうではない女性、明らかに見た目が不潔な女性は男性から敬遠される傾向にあります。

具体的には下記のような項目が清潔感がないとされています。

髪の毛はブローなどせずにボサボサな状態

ボサボサ

髪の毛に関しては出勤前に時間がなくて寝癖のままだと、それだけで不潔な女性とみられがちです。

どんなに忙しくても、最低限出勤前に鏡を見て、髪の毛は立っていないか、顔によだれや目やにはついていないかを確認しましょう。

ムダ毛処理をせずに手入れをしていない

ムダ毛

ムダ毛としてよく言われるのは脇の下の毛です。

特に夏など半そでやタンクトップを着用する時期は、脇の毛に注意が必要です。

出勤などでつり革を持つ時はもちろん、そうではないときも。

例えば、高いところから物を取る等の時、腕を伸ばして脇から黒いものが見えると、男性は幻滅してしまいます。

また、口の周りの産毛や眉周りのはみ出した毛なども気を付けましょう。

持っているバッグや履いている靴などがボロボロ・汚れている

ボロボロ

男性は女性の所持品を、思ったよりもチェックしています。

ブランドがどうとかではなくて、バックや財布が汚れていないかどうか。

どんなに高級な装飾品だとしても、薄汚れていたら台無しです。

所持品が汚れていると、部屋も汚いのではないかと連想し、ひいては、その人の日常生活自体が汚いのではないかと想像してしまうのです。

また、いつも履いている靴も注意が必要です。

いくらヒールが高い女性らしい靴を履いていたとしても、破けていたり泥汚れがついていたら、素敵な靴とはいえません。

男性の革靴の靴磨き同様、女性も自分の靴のお手入れをしっかりしましょう。

サイフにレシートがグチャグチャに入っている

財布レシート

女性は男性よりも大きな財布を持つ傾向にあります。

色々なものがたくさん入るので、物持ちのよい女性には都合がいいのかもしれません。

ただ、財布から溢れんばかりのレシートやお店のポイントカード類を見ると、整理整頓ができない女性ではないかと思われがちになってしまいます。

普段の仕事でも机の上に出しっぱなしで、机の上がごちゃごちゃしていませんか?

そういうところを男性は見ているのです。

また、財布に関していえば、こういう女性は金銭管理も苦手そうに見られがちです。

不要なレシートやポイントカードは定期的に処分しましょう。

ハンカチを持っていない

女性のカバンの中には、常にハンカチが入っていると想像する男性も少なくありません。

男女が共同で作業をしている時、手が汚れてしまったりちょっとした怪我で血が出たり。

そういう時に女性がさりげなく、ハンカチを差し出したら男性にとって印象がよいものになります。

それとは逆に、手を洗った後は洋服や髪の毛でで拭く女性は、やはり印象がよくありません。

外出時は綺麗に洗ったハンカチを一枚鞄に入れるようにし、必要があればすぐに出せるようにしておきましょう。

仕事や趣味に没頭しすぎている

仕事

彼氏が欲しいと思っていても、毎日自宅と職場の往復で男性との出会いが無い…。

残業も当たり前のようにするし、仕事が好きすぎて土日も休日出勤をする。

もしくは仕事の疲れを和らげるために休みの日は家から一歩も外に出ない。

まさに「仕事が恋人」になってしまっていると、なかなか彼氏ができません。

疲れているときはみんな家で休みたいものですが、毎回毎回この状態では、「友達いない子なのかな?」「お付き合いしても家だけのデート?」と思われてしまいます。

「寝ることが大好き」という女性も少なくないかもしれません。

休みの日には一日中パジャマで過ごしている女性は、モテない女の特徴でもある「引きこもり女」になりがちですので注意が必要です。

また、それとは逆に「趣味が恋人」かのような趣味に忙しい女性も彼氏ができにくい傾向にあります。

女を磨く為の自分磨きは必要ですが、次の日が仕事のない夜や休日に誰かと会うでもなくひたすら自分磨き。

例えば「毎日ジム通いでウオーキング」、「ヨガとネイルは必須でしょ」「月に1度は美容室」などです。

ウォーキングやジムで健康的な女性や、爪や髪の毛が綺麗な女性は男性からも良い印象をもってもらえますが、懲りすぎるのは要注意です。

自分磨きは誰の為にしているのでしょうか?

もちろん「自分の為」というのが正しい答えでしょうが、それ以外にも異性や同性からよく思われるためというのはないでしょうか。

自分を磨くのはとてもいいことですし、自信も付きます。

しかし、常に自分磨きに夢中な女は、男性から見ると、「独りでも充実している人なんだな。」「彼氏なんていらないのかな」と思われてしまいます。

更に自分磨きにお金をかけすぎていると、「お金がかかりそうな女」と思われてしまうこともあるのです。

彼氏がほしい為にしている女子力アップもやりすぎては逆効果です。

常にネガティブ思考

ネガティブ

「どうせ私なんて」と、つい物事を悪い方向に捉えがちな女性を「ネガティブ女子」と言います。

「どうせ」という言葉はあまり、良い印象は持たれない言葉になってしまいます。

ネガティブというのと何に対してもマイナス思考な女性は、同性や男性からも良く思われません。

「どうせ」以外にもネガティブと捉えらえる言動は下記のように複数あります。

あてはまっていないかチェックしてみましょう。

ネガティブなことを言うことで誰かにかまってもらいたい フォローされたい

女性に多くあるパターンですが、はっきり言って、それに付き合う男性はメンドクサイ以外何物でもありません。

いちいちフォローしないといけない女性は疲れてしまいます。

考え方が大げさすぎる

ちょっと体の具合が悪いと、大きな病気かもと心配する。

ネガティブ女子は、かなりの不安性でもあるみたいで、ちょっとのネガティブ要素を何倍もの大きさにふくらましてしまいがちです。

ネガティブ思考にならないために、下記のことに気を付けましょう。

言い訳をしない

ネガティブ女子は、なにかにつけて言い訳をします。

たとえ要因があったとしても、言い訳をされると相手も言う気が失せてしまい、今後深くは関わりたくないと思われてしまいます。

人の批判をしない

批判

ネガティブ女子は意外にも、人の批判をするのが好きだったりします。

友達が何かに頑張っている時「どうせ、そんなに簡単にうまくいかないよ」と言ってしまい、その人のやる気を失せさせたりするのです。

そういうのを男性も見ていると、いい気持ちはしませんし、この子とは一緒に居たくないと思われ敬遠されがちです。

ため息をつかない

ため息

「ため息の数だけ幸せが逃げていく」

昔から言われている言葉です。

ネガティブ女子は、兎角ため息をつきたがります。

軽いため息なら男性からしてもセクシーな女性だとみてもらえます。

しかし、ため息が多すぎるネガティブ女子の場合は、この世の悩みを総てそのため息に溜め込んだかのような雰囲気であまり良い印象を持たれません。

ネガティブ女子にならないようにするのに一番重要なことは、常に笑顔でいることとすぐに塞ぎこんでしまわないことです。

男性は女性の素敵な笑顔が大好きなのです。

楽しくないのに笑うことはできないと思わずに、笑顔には人を幸せにできる最大の武器なのですから、その武器を封印してしまっては、女性としての魅力が半減してしまいます。

自分に自信がなさすぎる・自分のことが嫌い

自信

ネガティブ思考とも似ていますが、自分に対して自信がなさすぎるというのも彼氏ができない理由の一つになります。

ましてや、恋愛に対して以上に、自分自身のことが嫌いや、コンプレックスが強いなど悲観的に思っているのもよくありません。

過去の失恋に怯えていたり、私には彼氏なんて無理とハナから諦めてみたり。

自分の外見を自分で判断してしまい、「太っているから彼氏なんかできない」と思ってしまうのは非常にもったいない話です。

もし、太っているから彼氏ができないと思っているのであれば、ポッチャリしていて可愛いという風に、プラス思考に切り替えればよいことなのです。

太っていると思っていても、周囲の人にいつもニコニコ笑顔で居ることで、一緒にいる男性が、「この子、いつも笑っていて可愛いな」と思ってくれる可能性は高くなります。

世の中には、ポッチャリ好きな男性もたくさんいるのです。

逆を言えば細身なスレンダーな女性だと、細すぎることへのコンプレックスを持っている場合もあります。

その場合は、より健康的に見せるように努力をしてみましょう。

どのような女性にも言えることは、女性らしさを出すことが自分に自信を持ち、コンプレックスを克服することに繋がるのです。

女性らしくスカートを纏い、ほどよく化粧をし、適度に体のラインが出る服を着ることを意識しましょう。

普段から意識していれば、自然と自分自身のことを好きになっていきます。

自分自身を好きになると、女性として魅力がアップします。素敵な女性になれるように、努力しましょう。

男性と出会うことに消極的すぎる

消極的

今彼氏がいなかったとしても、今までに一人は彼氏がいたことがある人もいるかもしれません。

また、彼女としてお付き合いをすることはできなかったけれど、人を好きになり、その人に振り向いてもらえるようの努力し、自分の想いを頑張って伝えてことがある人はいると思います。

しかし、今現在彼氏が居ないというのは、もしかしたら過去の恋愛に対して臆病になっていたり…。

恋愛そのものに消極的だったり、恋愛に対して苦手意識をもっているのかもしれません。

過去に大好きな人に振られてしまい、大泣きしたり、大好きな人に片思いをして告白して断られてしまったり。

一度恋愛で傷ついた心はそう簡単には元には戻すことができにくいです。

しかし、いつまでも過去の恋愛を引きずっていては、素敵な男性は現れません。

少しずつでもいいので、男性と出会うことに対して消極的な自分を変えるように、動いてみてください。

待っているだけでは彼氏はできません。

過去の恋愛に対してのトラウマもあるかとは思いますが、相手(恋する標的)が変われば恋愛の結果も変わってきます。

結果として、相性がとてもよく結婚に結び付くような男性だとしても、自分から声をかけ、積極的に行動を起こさないと逃してしまうかもしれません。

傷ついたって大丈夫です。

周りには自分を見てくれる守ってくれる人が必ずいるのですから。

外から見ると隙がなさすぎる

キャリアウーマン

いつも隙だらけの女性は同性からも異性からもひかれがちですが、その逆に隙がなさすぎる女性というのも、また、異性は敬遠してしまいがちです。

男性にもてるためにはほどよい「隙」も必要になってくるのです。

隙がない女性は、男性から声をかけられる機会を自らの手で逃してしまっているのです。

では、どのような女性が隙のない女性なのでしょうか。

人に弱みを見せない

人前で涙を見せないのはもちろんのこと、どんなに疲れていても表に出さなかったり、見るからにツンとして、取りつく島もないような女性は周りからみても可愛く思われません。

弱みを見せばかりもよくありませんが、適度に人を頼ることで周りに人間関係も円滑になります。

男性は女性のちょっと困っている顔や悩んでいる顔が好きです。

ツンケンしている女性よりはずっと魅力がある女性になれるのです。

超完璧主義者

完璧

スケジュール帳に記されたびっしりの予定は時間刻み。

何週間も前から予定を立て、この日はアレをしてコレをして、と綿密な計画を立てているので、予定外の誘いには有無を言わさずNOといってしまう。

これはとってももったいないことです。

同性の友達からも「誘ってもまた断られるから最初から誘わない」と思われ、友達が遠のいていくかもしれません。

ちょっと気持ちを緩めて完璧主義者をやめることで、いろいろな人から誘ってもらいやすくなり、その分出会いの数も増えるのです。

親離れできていない&依存しすぎ

親離れ

学生のうちや社会人になって最初の数年でしたら、親離れしていなくても、親に依存していてもたいしておかしくはありません。

親に学費を出して学校に通わせてもらってますし、働いてすぐも社会人としての日々を送ることが精いっぱいで、親に頼ってしまうのも仕方がないことです。

しかし、働いて数年もたっているのに、何かの一つ覚えのように「お父さんが」や「お母さんが」と会話に出したり、親というよりも友達感覚で一緒に出掛けていたりでは、親離れできていない人と受け取られがちです。

親を大切にすることはもちろん大切ですが、20歳を過ぎれは成人として見なされ、大人の仲間入りをするわけですし、少し親から離れて自立した女性を目指してみるのも、素敵な彼氏を見つける近道になります。

下記に親離れできていない女性の特徴を挙げますので、当てはまっていないかチェックしてください。

実家が一番よい場所になっている

実家

休みの日は外にでかけるより、家の中に居たほうが楽で楽しい。

そう思って外から一歩もでない女性は、親離れができていないことが多いです。

たまにならいいのですが、休日はほとんど自宅でのんびりと。

これでは、素敵な男性に出会うチャンスすらありません。

自宅にいて、掃除やご飯の支度を自分でやるのならまだしも、家事関係も母親に任せてしまっては、女子力もダウンしてしまいます。

また、社会人になっても、仕事上やその他のことでも重要なことを自己判断できない女性は、親離れができていない傾向にあります。

常に自宅で親とべったり居たことで、親が自分を大切に守ってくれていて、自分の大事なことも親が決めてくれていたとすると、自己判断能力がにぶってしまうのです。

「友達親子」と言われる

最近、テレビや雑誌でも、芸能人が「友達親子」として話題になったりすることがあります。

本当の友達のように、なんでも話ができ、子供が成人しているのに一緒に買い物に行く、しかもお揃いの洋服を着て同じ商品を買って。

まわりから見ると微笑ましい光景ですが、いつまでも親と一緒に行動するのはやはり親離れできていないからかもしれません。

同世代の女の子と母親が持つ感覚はやはり違いがあります。

異性にもてるためには、同世代の女の子の感覚が必要になってくるのです。

母親は小さい時から子供と一緒に居るので、その子の好みはすぐにわかるのですが、成長するたびにその好みが流行から著しく外れる場合もあります。

同世代の女の子でしたら、そういうの敏感で教え合えますが、母親とですとそうもいきません。

母親の価値観がそのまま娘に植え付けられている場合もあります。

母親と買い物を行くのも楽しいことですので、全く無くすというわけではありませんが、買い物をする回数を減らして、その分同世代の友達の友達と過ごす時間を増やしてみましょう。

家族はもちろん子供の味方ですし、子供の魅力を引き出してくれますが、家族だけでは引き出しきれない魅力があります。

自身では気付いていない魅力を、家族以外の誰かが引き出してくれるかもしれません。

理想が高すぎて恋愛できない

理想

理想を高く持つことは、とても素敵なことです。

それだけ上昇志向があるという意味ですから、決して悪いわけではありません。

恋愛に対してもある程度の理想を持つのはよいことです。

しかし、理想が高すぎて現実逃避になってしまいますし、恋を遠ざけてしまう原因にとなってしまうので注意が必要です。

素敵な恋のチャンスを逃してしまう理想の条件は下記にあてはまるような項目です。

容姿端麗かどうかの見た目で判断する

イケメン

根っからのイケメン好きの女性は、なかなか素敵な恋ができにくいものです。

アイドルグループが大好きで、彼氏にするならこんな人と!と意気込んでいると、なかなか出会いが見つけにくいものです。

また、イケメン好きではなくても、身長が180CM以上や、少しでも太っている人は嫌などの男性の外見で決めてしまうのも理想が高いと言えます。

容姿に拘るのも一つですが、それよりも男性の内面をしっかりみることが重要です。

そのためにも、チャンスがあればいろいろな男性と仲良くなってみましょう。

お付き合いすることで「男は顔や容姿だけではない」と感じ、恋愛に対しての意識が変わるかもしれません。

高収入かや高学歴 仕事のステータスが高い

お金

素敵な男性と知り合え、恋愛がうまく行ったときその先に見えてくるのがその男性との結婚生活です。

結婚したならなるべく金銭面で苦労をしたくないとか、自分は働かずに夫に養ってもらいたいという気持ちから、ついつい高収入の男性にターゲットを絞ってしまうことがあります。

収入が高いということは、それだけ学歴も高かったり、仕事面においても公務員や医者、大手一流企業に勤めているなど、条件をつけて選んでしまいがちです。

男性の年収は800万はないと~と思っていても、現実は難しく男性全体の平均年収は、平成28年の調査では約521万円となっています。

このような現状で玉の輿を狙って居たり、自分が退職して、不自由のない専業主婦をすることができる確率はどれくらいでしょうか。

もちろん、結婚の先には子育てがありますので、自分が子育てをしている間は夫に頼り自分と子供を養ってもらうことは大いに結構ですが、完全に頼り切ってしまうのも考え物です。

男性に依存した生活をするよりもいざとなったら自分の収入で家族を養う、もしくは夫と共に助け合うことも重要になってきます。

収入や仕事のステータスに縛られず男性の内面を見て、この人とだったら助け合って生きていけると思える男性と出会えたらいいのかもしれません。

出会いに真面目すぎる

まじめ

真面目というのはとても立派なことです。

時間に遅れず行動したり誰にでも平等に接したり、言われたこと素直に受け止めたり。

もし、素敵な男性が表れてその人とお付き合いをすることになったとしたら、お付き合い=結婚と捉えてしまい、そこまでの決心が自分にはまだないので、素敵な男性と仲良くなれない声さえかけれない。

誰からも性格のよい「良い子ちゃん。真面目ちゃん」と思われたい。

性格良い女性はとても優しく、そして何事にも真面目な子が多いのが特徴の1つです。

真面目で誠実な女性に惹かれる男性も多いので、真面目なこと自体に恋愛で悪いことはありません。

しかし、真面目すぎるのがかえって、マイナスとなりきつい印象を持たれてしまうことがあります。

そして、真面目な女性というのは同時に完璧主義の女性ともいえます。

完璧すぎて近寄りがたく、周りの異性からは高嶺の花だと思われ敬遠される。

真面目な女性は完璧主義人も多いですが、時にはプライドを捨て、完璧ばかりを追わずに自分の欠点や弱みを異性に見せるのも恋愛では必要なことです。

また、気になっている男性がいるのであれば、一人で抱え込まずに時々は頼ってみてもいいものです。

普段は真面目で完璧主義の女性が、ある時、ふと弱々しい感じで頼ってきたとしたら、相手も信頼してくれていると好感を持ってもらえるはずです。

そうなれば、今まで高嶺の花だという印象があり、男性も自分と同じである親近感も得られ男性もアプローチがしやすくなるでしょう。

また、出会いに真面目になりすぎて、この人とお付き合いしたら結婚しなければいけない。

もし、価値観の違いなどでお別れしたくても、できないのではないかと真面目に考えすぎなくても大丈夫です。

あくまでも、恋愛は通過点に過ぎませんし、この次にお付き合いをした人が必ずしも最良の結婚相手とは限りません。

最良の結婚相手、将来の最高の伴侶を見つけるうえでも少しずつでいいので真面目すぎる女の子は、たまには不真面目になってみるといいかもしれません。

1人でいることになれてしまった

一人

数年彼氏ができないと、男が居なくても特に困らないという風になってしまいがちです。

彼氏がいない方が、自分の好きなことや趣味、仕事や寝る時間までを誰かに合わせなくてもいいので、自由で気ままな生活を送れたりします。

1人の快適な時間が楽しすぎて貴重で幸せで「男なんていらない!一人で生きていく」となると、なかなか素敵な男性には出会いにくいです。

まずは、日常の行動範囲が以下に当てはまっていないかチェックしましょう。

一人○○を楽しみすぎている

最近よく聞く「一人○○」。

女性で1人では行動するのが苦手な人もいますが、一人旅や一人カラオケは日々の喧騒や日常のストレスから逃れるために、一人でも行える人が多いのが特徴です。

更にやり手の女性は「一人牛丼」「一人ラーメン」「一人焼肉」など、食事さえも一人でお店に入りできてしまう人もいます。

「一人○○」を楽しむのはいいことですが、「一人のほうが楽だから」という理由だけで一人○○をしている人は気を付けましょう。

例えば一人旅が好きなら、旅先の現地で素敵な出会いを見つけてみたり。

一人で外食するのが好きであれば、そのお店が男性の一人客が多い店であれば、男性客と話をしてみたりと、一人○○をしながらも素敵な男性を探してみてください。

「一人でいる方が楽」以外の理由を見つけて、その理由を含めて周囲の人に発信するようにしましょう。

彼氏が欲しいのにできない女性の特徴まとめ

「彼氏が欲しいのに、どうしてできないんだろう」という女性のために彼氏が欲しいのにできない女性の特徴をご紹介してきました。

当てはまるものが1つでもありましたら、少しずつでいいので、自分の内面から見つめ直してみましょう。

自分を客観的に見つめ直すことで、新しい出会いへと結びつきます。

きっと、すぐに結果として「彼氏が出来た」ということにならなくても、その努力がプラスへと必ず働いてくれるはずです。

彼氏が欲しいのに出来ない。

そんな風に悩んでいる女性は、とても多いと思います。

でも、大丈夫。焦ることはありません。

運命の出会いはその時々の、必要なタイミングで、必ずやってくるのです。

そしてその出会いを引き寄せる一番の方法は、自分自身の人生を充実させ、楽しく毎日を過ごすことです。

そして、「待っていればいつかきっと運命の相手が現れる」、そう思いたくなるかもしれませんが、残念ながら現実にはそのような夢物語の話は存在しないのです。

素敵な彼氏を作り、素敵な恋愛をしたいのであれば、自分磨きと自己分析をしっかり行い、自分には何が足りないのか、自分の長所はどこなのか、自分は今何をすべきなのかに気づく事が重要です。

自分の良さを認め、自分の短所に気付き欠点を改めた上で周りを見回すと、運命の相手が近くにいることがありかもしれません。

まずは、周りいる人との接点を持ち少しずつでも仲良くなってみましょう。

あなたが素敵な笑顔で生きていくことを選べば、あなたがますます笑顔になれるような相手を、運命の神様はきちんと用意してくれます。

まずは、自分自身が本当に笑顔で過ごせる時間を大切にしてみてください。

そして些細なことでもいいので、日常の中で出会った『出会いに対する偶然』に感謝し、そのチャンスを少しでもいかせるように、自分から行動することです。

その結果、きっと大切な出会いになるはずです。

関連記事

結婚

彼氏が欲しい社会人女子が結婚前提の彼氏を作る方法9選!

彼女

彼女が欲しい社会人男性へ | 彼女の作り方11選まとめ!